東京支部「Face to Face」No.75 リリースしました

阪神大震災のその朝、たまたま勤務していた病院が救急病院だった。
たまたま当直だった。

そのことが、自分の人生の後半生を大きく報告転換させたと
水谷さんは振り返ります。

高35 水谷和郎さん 「災害医療に導かれて」
http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=182

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください