東京支部:創立100周年 4/16 開校記念日を祝うメッセージ

第三神戸中学校および
長田高等学校に関係する
すべての皆様へ

“創立100周年、おめでとうございます。”

拝啓

本日4月16日、私たちの母校は、100回目の開校記念日* を迎えました。
NAGATA(第三神戸中学校および長田高等学校)のこれまでの100年と、これからの100年への出発を、心よりお祝い申し上げます。

私たちは「青春」という時期を、同じ長田の地で過ごしました。
時代の波に翻弄されながらも、一人ひとりが自分の輝かしい時代を過ごしました。

そこで経験したのは、NAGATAの伝統が醸し出す、豊かな文化と気風です。
「自由であれ」
「個性を開放し、多様性を受容しよう」
「人生を語り、学び、楽しもう」
それらは、初代校長 近藤英也先生が唱えられた「神撫教育:3つの理念」** を源泉(origin)とするものであり、NAGATAの伝統として、私たちの身体にDNAのように刻み込まれていることに気づくのです。

そして何よりも、卒業後も連綿と続く同級生や先輩、後輩、先生方との交わりが、私たちの人生に新しい発見や豊かさを与えてくれていることに気づきます。今改めて、同じNAGATAを生きてきた全ての方々のことを想い、NAGATAならではの文化と伝統を、次の世代へと継承いくことを願います。

残念ながら、今年度の神撫会東京支部総会・懇親会は、COVID-19感染拡大を防止する意味で中止としました。しかし来年2021年6月の会は、まさに「Open the door forward our future:次の100年への開門章(仮)」というテーマで、幹事担当45回生(代表 山岡士朗)中心に、盛大に開催する予定です。また、10年前に46回生(代表 河野雄大)中心に企画した「タイムカプセル」を皆様の前でオープンし、10年前の自分に会える機会も作る予定です。

以上、母校の第三神戸中学校および長田高等学校の創立100年を祝う詞としてここに捧げます。

第三神戸中学校および長田高等学校の開校記念日
2020年4月16日

南山宏之
神撫会東京支部長
長田高校25回生

 

参考:
開校記念日*
兵庫県立第三神戸中学校は、100年前の1921年4月16日に第一回入学式を挙行。
兵庫県立長田高等学校は、希望の多かった「神撫」への改称は漢字制限で叶わずも、70年前の1949年4月16日に、男女共学で、第一回入学式が挙行された。

「神撫教育:3つの理念」**
1. 「智徳体」の鍛錬と調和的統合で、自分らしい健全な人格を形成すること。
2. 個性と能力を伸ばし、社会参加の仕方(職業的方向)を自覚すること。
3. 自分を知り、人間を知り、自然を知り、明日のビジョンを描き、人を先導(指導原理)することを知ること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください