東京支部 Face to Face No.110 新作能「或能川(アルノ川)」に至る長い道

Face to Face No.110(番外編)では、高31回生 寺門孝之さんが台本を書かれた新作能「或能川」について、寺門さんにお話しをうかがってきました。

寺門さんは神戸芸術工科大学の教授も務める画家です。その寺門さんがなぜ新作能の台本を書き上演されるに至ったのか。そこには12年という永い歳月と数々の出会い、そしてインスピレーションがありました。
新作能「或能川(アルノ川)」に至る長い道
https://nagatatokyo.fc2.net/blog-entry-214.html

今までの記事一覧はこちらから
https://nagatatokyo.fc2.net/blog-category-3.html

神撫会東京支部
HP担当
28回生 田中直美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください