49回生 春本雄二郎さん、高崎映画祭で新進監督グランプリを受賞!

49回生春本さんが初監督された「かぞくへ」で、高崎映画祭・新進監督グランプリを受賞の快挙です。

http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=193

 

「かぞくへ」は日本の片隅に生きる若者たちの息遣いを、骨太に描き出した人間ドラマ。
そして高崎映画祭といえば、今年で33回目を迎えるとても歴史ある映画祭です。

これからも春本監督から目が離せません。次回作品が楽しみですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください